名刺入れ

~木が香る無垢材の名刺入れ~

  • オンリーワン!

    天然木ですので一品、一品違います。 この世に二つと無い、世界でたった一つの名刺入れとなります。 上部のフタを閉めるときに「パチン」という心地良い音がします。

  • 天然木100%

    開閉部分もすべて天然木で作りました。 金具は竹で代用。 金具やバネ等は一切使用しておりません。

  • 収納力

    紙の厚さにもよりますが、通常の名刺で約20枚、キャッシュカードや免許証のようなプラスチック製のカードでは6枚程度収納できます。

  • 大阪から発送

    画像のものをお送りいたします。 同一梱包4個まで。全国一律510円のEXパックで発送いたします。

欅玉杢(けやきたまもく)

人気の欅玉杢が出来上がってきました。玉杢は、最も知られた杢の一つです。
玉杢が浮き上がったように見えることが特徴。欅の場合、樹齢数百年以上の材に見られます。

青森ヒバ

古くから社寺仏閣、城の築材として珍重されてきました。柑橘系の香がとってもいいかんじです。耐久性、抗菌性に優れた材で有名です。
約百万年前ごろ、現在の「青森ヒバ」の祖先が出現したといわれています。「ヒバ」は、大きく区分すると北方型と南方型に分れます。
「青森ヒバ」は北方型で学名(和名)を「ヒノキアスナロ」といい、本州中部以西にある南方型を「アスナロ」といいます。「青森ヒバ」は「アスナロ」に比べ蓄積も豊富で材質的にも優れており、古くから社寺仏閣、城の築材として珍重されてきました。

鬼胡桃(くるみ)

チークやマホガニーと共に世界三大銘木の一つに数えられるほど有名です。落ち着いた色合いと重厚な木目から、高級家具材や工芸品に用いられてきました。
木質は重硬で衝撃に強く、強度と粘りがあり、また狂いが少なく加工性や着色性も良いという特性を持ちます。耐衝撃性の強さを生かし、ライフルの銃床にも使用されたりもしてました。

花梨(カリン)

辺材が淡赤色で心材は暗紅褐色をしていて、非常に堅硬緻密でしかも粘りが強く、色調光沢ともに美しいので、フローリング材、床柱、造作の装飾部分、家具、玉突台、杖、額縁、彫刻材料、バイオリンの弓などに用いられています。
果樹や花木としてよく知られているものとはまた別となります。バラ科の果樹、花木として知られるカリンとは違い、マメ科となります。近年、輸入量が減り、似かよったものがカリンとして流通する事もシバシバ…。
そのため、本カリン等と呼ばれたりもしてます。唐木の一種で、無垢フローリングや床柱、装飾材、家具などに用いられています。
その貴重なカリンで製作した名刺入れ。自身で持つのはもちろんのこと、プレゼントなんかにも最適です!

栗(くり)

家の土台にも使用される栗(くり)。硬くて強い。独特の木目も特徴です。
昔から語呂合わせで、“”栗”を“苦離”として、苦しいことから離してくれる縁起ものと言われています。

欅(けやき)

木目が大変美しく、堅くて摩耗に強いので、家具・建具等に使われてます。
日本では、重要な広葉樹材の一つとなります。

日本建築の材としても古くから多用されており、神社仏閣などにも多く用いられてます。伐採してから乾燥し、何年も寝かせないと使えません。
近年では、中国からケヤキに似た中国ケヤキ(アパ)なんてものが流通しております。
見た目の色は似ており、ややケヤキより赤いような気が…。
国産の杢目とは違いますのでご注意を!

白樺

白樺は、温帯から亜寒帯地方に多く見られるカバノキ科の植物、落葉樹の一種です。
明るい場所を好み、成長が早い。山が色々な原因で裸地になったような場合に最初に生え始め、よく純林をつくることがあり、美しい景観をつくりだします。
高さは20~30mになる。幹は30~1m程でまっすぐに伸びます。
材は木目が緻密で堅く、木目も美しいが、径の小さな物が多く、欠点も多いことから、民芸品加工やパルプ材としての需要が多かったですが、近年、道産材としてその魅力が見直され、家具材や、家屋の内装に使われことも多くなってます。

神代楠(じんだいくす)

神代とは?神代の昔から眠りつづけているという意味です。
天変地異により偶然出来た貴重な環境により、千年単位で生きたまま腐らず埋まってしまった木です。その中でも、神代楠は素材として入手することも難しい銘木です。
独特の色合い、そして今もなお樟脳の香りを放つ神代楠。存在自体、神秘的な雰囲気が漂います。太古の時間の重みを実感してください。

神代欅(じんだいけやき)

太古から土に埋まっていた木を「神代木」といいます。いわゆる埋もれ木です。ふつう千年以上埋もれていたというのが目安です。千年までいかないものは、「半神代」などと表現しています。
神代木は数奇な運命の材です。多くは道路建設や河川改修などの工事の際に出土します。わざわざ神代木を掘るという話は耳にしたことがありません。
本来なら そのまま埋もれて幾千万年後には土へと還るであろうものが、人間の手による開発の代償のような形で世に現れるわけです。高度成長期からずいぶんと出土するようになりました。
何とも皮肉な感じの材といえましょう。

神代杉(じんだいすぎ)

天変地異により、偶然出来た貴重な環境により千年単位で生きたまま腐らず埋まってしまった木です。高級日本建築の装飾や、工芸品の製作に用いられてます。
無垢材、神代杉(じんだいすぎ)。神代の昔から眠りつづけているという意味です。火山の噴火などで火山灰に埋もれ、腐らずに半化石化した杉です。
埋まっていたとはいえ、ちゃんと杉の香りがいたします。生命の息吹を感じさせる、神秘的な大変貴重な木です。かなり入手困難な材料となっております。高級日本建築の装飾や、工芸品の製作に用いられてます。

神代楡(じんだいにれ)

太古の眠りより目を覚ました神代楡(じんだいにれ)。楡(にれ)独特の杢目が、はっきりと残ってます。
神代木の多くは、道路建設や河川改修などの工事の際に出土します。わざわざ神代木を掘るという話は耳にしたことがありません。
本来ならば、そのまま埋もれて幾千万年後には土へと還るであろうものが、人間の手による開発の代償のような形で世に現れるわけです。

神代(じんだい)ネズコ

太古から土に埋まっていた木を「神代木」といいます。いわゆる埋もれ木です。ふつう千年以上埋もれていたというのが目安です。
千年までいかないものは、「半神代」などと表現しています。神代木は数奇な運命の材です。多くは道路建設や河川改修などの工事の際に出土します。
わざわざ神代木を掘るという話は耳にしたことがありません。本来なら そのまま埋もれて幾千万年後には土へと還るであろうものが、人間の手による開発の代償のような形で世に現れるわけです。
高度成長期からずいぶんと出土するようになりました。何とも皮肉な感じの材といえましょう。その神代の「ネズコ」版です。

バーズアイ メープル

バーズアイメープルは、鳥眼杢の代表としてあまりにも有名な最高級木材です。
バーズアイ・鳥眼杢(ちょうがんもく)とは、小鳥の目のような小さな円形の斑点が、板にたくさん散らばって表れる木目で「鳥目杢」とも書かれます。楓(カエデ・メープル)類に多く現れます。
フローリングにはもちろんの事、最高級家具材にも重宝されてきました。以前より英国製の最高級乗用車の内装にもバーズアイメープルが使用されているくらいです。
昨今では日本製最高級車の内装にも使用されていました。産地はカナダです。

バーチ/樺(かば)

カバのやさしい色合や肌触りは、老若男女問わず多くの方から好まれております。
木肌は緻密でちじれ杢や波杢が美しく、常に一定の根強い人気のある木材です。強くて衝撃の吸収がよく、加工は容易で、材面の仕上がりは滑らかです。
緻密で真っ直ぐな木目を持った白色系の樺は、そよ風のように軽い浮遊するような感覚をもたらせてくれます。

パープルハート

自然の色とは思えない神秘的な鮮やかな紫色!時間の経過と共に色が変化していく珍しい素材です。原産地はブラジル。
伐採直後は褐色ですが、紫外線に晒される事で神秘的な鮮やかな紫色に変化します。着色したのでは?っと言われますが、紛れも無く自然界で作られた紫色です。
その鮮やかな色から家具、楽器、ビリヤードのキュー装飾品など幅広い分野で用いられてます。重厚かつ衝撃にも強く、一部では船や構造材などにも使用されてます。

ブラックウォールナット

全世界200数種にも及ぶクルミ類の最高峰であり、広葉樹においても格段上の地位を誇り、世界の銘木チーク、ローズウッド、マホガニー等と肩を並べる世界的な高級材アメリカンブラックウォールナット。
産地はアメリカ東部、カナダになります。粘りのある硬さで加工性が良く、軽くて狂いが少ないという無垢フローリングや家具などに適した材です。
材質の色は薄褐色から濃褐色で、たまに紫がかっていたり濃い色のすじが入ります。高価なうえ人気もあり、悲しいかな近年偽ってブラックウォールナットに似た類似品が出てきておりますのでご注意ください。

メープル

上品な色、艶、持ち前のナチュラル感あふれる仕上がりが特徴です。
その木肌の淡い白さから清潔感が漂います!縮れ杢、波杢、鳥眼杢などをもつことが多いといえます。
男性女性を問わずに人気です。

古材(内地栂)

古(イニシエ)の材、古材。無理難題をお願いして完成しました、古材バージョンの木の名刺入れ。
「古民家」築100年以上も前のこだわりの構造材から、古材鑑定士さんと木材アドバイザーの私と二人で厳選に厳選を重ねて、今では手に入りにくい素材となりました内地栂の古材をチョイスしました。
拘りに拘り抜いた「古材」です。

山桜

産出量が少ないため、建材・内装材の流通は非常に限定されています。年数がたつと、上品な茶色に変わり、高級感が増していきます。
産地は北東北地方。材としての山桜は、高級和家具によく用いられます。感触はソフトであたたかみがあります。
サンドペーパーで削ると、ほのかに桜餅の香りがします。ヤマザクラの樹皮は、樺細工として茶筒やお盆に用いられています。
なお、多く流通している「サクラ」名のフローリングは、カバノキ科でシラカバなどと同属です。
ホンザクラやソメイヨシノはバラ科で全く異なる種類です。

栃縮杢(とちちぢみもく)

数量限定商品です。貴重な栃の縮み杢のレアな部位で製作しました。これだけの縮杢 珍しいです。
無垢材、栃(とち)。光の反射で木目が煌びやかにゴージャスに変化します。
目の錯覚を起こすほどの縮み。この機会にぜひ!

PAGE TOP