よくある質問

無垢材の取り扱い、施工についてのよくある質問をまとめました。
以下に掲載されていない質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

無垢材を取り扱うときに注意すべき点を教えてください。

自然素材(無垢材)は断熱・調湿・吸音・美観・作業性等においてきわめて優れた特性を持つ建築材料ですが、
その反面、天然木のため、湿気・乾燥の影響により乾燥材においても伸縮・反り等が発生します。
また、過度な湿気状態が続きますと、施工後の塗装の有無や、乾燥材・未乾燥材を問わずカビやシミが発生することもあります。
これらの発生度合いは、建築地域の気候風土や商品引き渡し後の保管方法/施工の状況・塗装メンテナンスによって異なります。
天然木である無垢材の特性をご考慮の上、お客様の責任において、十分なご配慮をお願い致します。

無垢フローリングの施工上の注意を教えてください。

無垢フローリングの施工上の注意点として次の8点があげられます。

  1. 無垢のフローリングは普通の合板フローリング(カラーフロア)とは施工方法が全く異なります。 無垢フローリングは、常に膨張と収縮を繰り返しています。天然の吸湿材と言われる所以です。 湿気があると水分を吸湿膨張し、乾燥時は、その水分を吐き出して収縮します。 膨張による突き上げを防止する必要があります。 防止策は幅方向に一ヶ所、金属ヘラのようなスペーサー(0.5~1.0mm厚程度)を使用して、必ず床材同士の間隔を開けて、緩めに貼って下さい。 同時に長さ方向にも必ず目隙を入れて下さい。
    ※ 現場には施工約1週間前にバンドを切らずに搬入して、現場の空気になじませておいて下さい。
    ※ 施工環境は、湿度の安定した日を選んでください。窓は閉めて施工してください。
  2. 広い面積や長い廊下に施工する場合は、突き上げが起こりやすいため、更に緩めに3枚に一ヶ所の目隙を入れて貼ってください。 長さ方向にも必ず目隙を入れて下さい。この目隙は4~5日も経つと吸湿して馴染み、自然に閉じていきます。
  3. 壁際部は、また湿気による突き上げの起こる恐れがありますので5~10mm程、必ず間隔を取り仕上 げは幅木で隠して下さい。
  4. 根太には、充分乾燥した(含水率15%以下の人工乾燥材を御使用してください)厚みの揃った40mm×60mm角以上の材を使い300mm間隔で施工してください。
  5. 湿気の多いところで貼る場合は0.1mm以上のポリエチレン防湿フイルムを敷いて施工してください。
  6. 床下の換気を十分に取って下さい。(建築基準法施工令:外壁の床下部に壁長さ5m以下ごとに、300mm以上の換気口設置)
  7. 施工にはフローリング用のミニビスをおすすめします。
  8. 施工後、フローリングに直接養生テープを使用することは一切しないでください。養生テープがフローリング表面層を損傷させるおそれがあります。
マンションでも無垢フローリングを敷く事ができますか?

「防音の関係から、マンションには無垢フローリングは使えない」と思われている方が多いようですが、 無垢フローリングの下に防音マットを敷きこむことにより可能です。防音床マットL-45
マンションのフロア敷き替えといえば、 階下への防音を考えて L-45 という防音性能を持った直貼りフロアが一般的に使用されています。 この L-45 の直貼りフロアとは、合板フロアの裏にスポンジやゴム系の物を貼り付けて防音性能を発揮させている商品です。 しかし、無垢フローリングには今のところ直張りフロアさえあまり無く、防音となればほぼ無いと思っていいでしょう。
そこで、無垢フローリングでも防音効果が発揮でき、さらにスラブに直張りできる下地材がちゃんとあるのです。 写真のようにスラブまたは合板の上に防音マットを敷きこみ、その上に無垢フローリングを貼るという方法です。 この防音マットには L-45 の直貼りフロアと同等の防音効果があります。
これで階下への気兼ねもなく、無垢フローリングの快適な住空間ができあがります。
今まで、自然素材でのマンションリフォームをあきらめていた方もお気軽にご相談下さい。
詳細は、「マンション用防音マット」をご覧ください。

無垢フローリングで床暖房は可能ですか?

今までは、床暖房には無垢フローリングを採用するのは難しいとされてきました。
昨今の木材乾燥技術の進歩により、無垢フローリングを床暖房に採用することができるようになりました。
床暖房に使用できる無垢のフローリングは、TOPページの無垢材の検索で「無垢フローリング」「床暖房対応」を選択していただき検索してください。

無垢フローリングは反ったり、割れたり、床鳴りがする事があると聞きますが…

そのような現象は100%起こりえます。
無垢フローリングは木材その物なので生きています。 割れる、反る、曲がる、空く、ヤニが出るといった自然素材特有の現象は、高確率で現れる可能性があります。 それがどうしてもダメならば、合板フロアをお勧めします。
木材でいうと、集成材などはある程度木材の動きを抑える事が可能です。 また、合板フローリングならばもっともっと木材の動きを抑えられます。 そもそも、無垢材が反ったり・曲がったり・実部が空いてきたり・割れたり・ヤニが出たりの自然現象が不具合と言われ、それが嫌だからこれだけ合板フロアが売れてきた訳です。 割れや反りが出ても、もっともっと良い点があるはずです。 じっくりお考えください。
床鳴りの軽減にはミニビスの使用をお勧めいたします。 大工さんの手間がフロアネイルと比べて2倍以上は掛かるでしょう。 手間は掛かりますがそれなりのものはできますよ。

PAGE TOP